ホットヨガとは

ホットヨガとは

かつて、インド周辺の宗教家たちは、修行を行っていました。その目的は、悟りを得ることだったり、修行していること自体が正しい生き方だと考えていたり、と様々です。
修行の中には、座禅を組む、というのもありましたし、滝に打たれる、というものもありました。
そのような修行の一つが、ヨガ、とかヨーガと呼ばれるものです。ヨガという言葉の元々の意味は幅広く、肉体的に負荷のかかることを行うことから、禁止事項をしない(盗まない・嘘をつかない)ことなどを含んでいました。嘘をつかない生活をしていることがヨガをしていて、修行していること(の一部)になっていた、というわけです。

 

このようなたくさんのヨガの中でも、身体を動かして行うヨガをハリ・ヨガと言います。このハリ・ヨガが健康になるのに役立つ、としてアメリカで流行り、日本に輸入されました。一般に、ヨガと言えば、健康のための体操、くらいに思われていることが多いのですが、このような経緯のためです。

 

このハリ・ヨガを元にして、どの姿勢をどんな順序で、どれくらい行うか、などなど、に様々なやり方があります。これを流派、ということもあります。
ホットヨガはこのような流派の一つで、ビクラム・ヨガとも言います。その特徴は、簡単な姿勢を、ゆっくりと、暖かい部屋の中で順番にとっていくことです。特に、暖かい部屋、がホットと呼ばれるポイントで、摂氏42度という場所になります。

 

ホットヨガは、心拍数を上げることで血の巡りをよくするとともに、汗をかき、老廃物を体外へ排出することにつながります。その結果、健康的によいことに加え、爽快感を味わえ、さらに身体のシェイプアップの効果があると言われています。

 

 

 

LAVA口コミは信じないへ│ホットヨガでダイエットへ →